登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

登山が趣味ならエベレストでしょ

タンボチェ(Tengboche)3860m

タンボチェ前の急な坂を登る。

この頃になると、自分のペースが分かってくる。高度順応もしっかりとできていたのか、ナムチェ前の坂に比べて、随分と楽な気がした。(高度順応についてはこちら

やがて、目の前にロッジが現れた。ロッジと言ってもモンジョやナムチェのものと比べると物置小屋に近い。とくかく、タンボチェに着いたことと、山奥に来たことを理解した。

村の奥へ行ってみると、左手にはヒマラヤで最大のタンボチェゴンパがあり、その奥には幾つかのロッジがあった。

一番奥にある一番広いロッジが一番綺麗そうだったので、そこに泊まることにした。トレッカーのほとんどがここに集まってきそうなので、手早くシャツを干す場所を確保し、毛布も多めに確保しておいた。

<これからタンボチェを散策。続きはこちら

登山が趣味ならエベレストでしょ

自動水力マニ車

自動水力マニ車か〜。
信仰心皆無な私が言うのも何だが、ここまで楽したら、お経のご利益も目減りしてそう。

タンボチェの手前にあるプンキテンガにて撮影。
(ルクラのマニ車と見比べたい方はこちら

登山が趣味ならエベレストでしょ

ダフェ/テイオウキジ/Imperial Pheasant

「またダフェだ」
さっきは直ぐに逃げられてしまったが、今度のは雄雄しくたたずんでいたので写真に撮れた。

ダフェ
・和名テイオウキジ[Imperial Pheasant/Lophura imperialis]
 (ニジキジと書いてある文書もある。どっちが正しい?)
・ネパールの国鳥でダンフェ・ダフィともいう(らしい)
・雄は美しい羽を持つ
・標高2600m以上の高地に生息する
・ワシントン条約により、学術目的以外の輸出入が禁じられている

頭から電波を放っているように見える。(合成じゃありません)

登山が趣味ならエベレストでしょ

ネパール国鳥のダフェ(テイオウキジ)?

「げ、ウソ、これってダフェ?」
ナムチェを出発して間もなく、野生のダフェらしき鳥を発見。

クムジュンに現れるとは本に書いてあったが、ちょっと外れたナムチェ−キャンズマ間で目にするとは…。
慌ててカメラで追いかけたが、撮った写真はぶれていた。そして、ダフェは丘の上へと消えていった。

登山が趣味ならエベレストでしょ

立派なチョルテンと雄大な自然

いよいよナムチェを出発する。ナムチェの中でも出口に近い所にあるロッジに泊まっていたので、登りの苦労は若干少ない。途中、狭くて分かり辛い道を通ってから村を出るのだが、昨日クムジュンから帰るときに通っていたので、迷うこともない。

村を出てすぐに、こんなチョルテン(仏塔)に出会う。

人の身長の2倍はある立派なチョルテンなのだが、この自然の雄大さにはかなわない。

登山が趣味ならエベレストでしょ

エベレストの地図

朝起きる。ここまでハイペースで来ていたため高度順応が心配だったが、すこぶる調子がいい。必要に応じてナムチェで3泊することも考えていたが、今日、出発することにした。

ここで全体の地図を確認しておく。

 ナムチェ(Namche)3440m
 タンボチェ(Tengboche)3860m
 ペリチェ(Pheriche)4240m
 ロブチェ(Lobuche)4910m
 カラ・パタール(Kala Patthar)5550m
 エベレスト・ベースキャンプ(Everest Base Camp)5364m
 ゴーキョ(Gokyo)4790m
 チュクン・リー(Chhukhung Ri)5550m
 チョラ・パス(Cho La Pass)5330m

エベレストを見るにはベースキャンプよりもカラ・パタールの方がいい。したがって、私の最大の目的地もカラパタールである。途中、タンボチェ、ペリチェ、ロブチェと泊まるのが一般的である。