登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

登山が趣味ならエベレストでしょ

ルクラ到着

ルクラに到着した時には、もう予約した飛行機の時間が迫っていた。
お店で休憩することも、トイレに寄る事もなく、急いで空港に向かった。

空港に入ったら入ったで、すぐに搭乗の手続きをするように言われた。
すぐに出発するとのことで、1秒として座る間もなかった。

荷物や搭乗券のチェックを急いでしてもらい、飛行機の中に駆け込むと、ドアのすぐ隣にある最後のシートについた。
そして、荷物から開放された自由な体で、ゆっくりと息をついた。


ようやく終わる。これで全部終わる。
ホームシックならぬ低地シックになっていたのかもしれない。

とは言え、名残惜しさに浸る間もなくヒマラヤを去ることに、物悲しさも感じていた。
そして、飛行機の窓から見える写真のような景色の中から、自分の足跡を探してみた。

登山が趣味ならエベレストでしょ

大自然の変化

このモンジョからルクラまでの道は、行きに通ったので知っているのだが、行きと帰りとでは、景色も若干違って見える。

カトマンズからこの地に来た時は、自然の大きさや美しさに感動する。
山から下って来た時は、山村ののどかさや緑の温かさを感じる。

まだまだほんのちょっとだが、大自然を観賞物としてから環境として見られるようになったからだと思う。

登山が趣味ならエベレストでしょ

どっちが非常識

朝も薄暗い時間に出発の準備を全部済ませ、朝食を食べに食堂へ行った。

前日に「何時に朝食を準備して」とロッジの人に頼んでおいたのだが、食事が出来てないどころか、私よりも遅く起きてきた。

ディンボチェの時もこうだったことから、ここヒマラヤの地では、それ程時間を厳守しないのかも知れない。それとも、早朝に食事を注文した私の方が非常識だったのか。

ともあれ、朝の早い時間に出発できたので、この足でも午前中にはルクラに着くだろう。