登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< シェルパと薪とデジカメと | TOP | 「おんぶ」でも「だっこ」でもなく頭で… >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

ネパールの山奥であしたのジョー体験

一日目はモンジョ(Monjo)に泊まることにした。ここモンジョはサガルマータ国立公園の手前の村で、次の目的地ナムチェまでもそう遠くない。中継地点としてはいいロケーションだ。高度は2835mでルクラ(2840m)とほぼ同じ。

ここモンジュで適当に小奇麗そうな宿を見つけ中に入ると、日本語が話せる主人がいた。建物は2階建てで庭も手作りだけど全体的に綺麗にできている。入り口には手洗いがあり、トイレは建物内にある。なかなかの所だ。

2階の部屋に案内された後は、早速シャワーでさっぱりすることにした。この辺りのシャワーは「沸かしたお湯をシャワールームの上に設置し、そのお湯がなくなったら終わり」という簡単な作りだ。この作りに見覚えがある。あしたのジョーに出てくるジムのシャワーと同じだ。まさか21世紀にこれを体験するとは…。

突然だがシャワーのポイント
 1.水量に限りがあるので、体が温まるのを待たずに洗い出すこと。
 2.シャワールームは例外なく寒い。素早く動いて自己発熱すること。
 3.環境を考え、洗剤は石鹸などの天然素材を選ぶこと。
 4.突然お湯が切れるので、すすぎを中心とした水配分に心がけること。
   (くれぐれもアワアワ状態でお湯を使い切らないように!)
 5.自然乾燥は無理なので、ストーブの火が点いているのを確認してから、シャワーを注文すること

山地ではシャワーも有料だが、その値段は宿泊料金や食事代に匹敵する。要するに、シャワーはできるだけ我慢すること、浴びるなら素早く洗うことである。明日からは控えることにしよう。

コメント

コメントする