登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< 高山病のピンチ | TOP | 頻尿体験で優しさを知る >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

高山病の症状と対策

高山病対策は本などにも載っていますが、ここで分かりやすく説明したいと思います。(本や詳しい人の話を参考にしてまとめたものです)

どうして高山病になるのか
 1.高地ほど酸素が薄くなる。
 2.同じ呼吸でも取り込める酸素の量が減る。
 3.血液中の酸素量も減る。
 4.ちょっとした運動も大変。常に酸欠状態。
要するに薄くなった酸素に体がついていけなくなるからですね。性別・年齢・体格・運動能力には関係ありません。(マラソンなどの高所トレーニングは、酸素の薄い高地で体を慣れさせ、トレーニングすることで、酸素の摂取率を高めることにあります。その酸素摂取率が高い状態で低地に戻ると、「酸素がよりたくさん取り込める=激しい運動もこなせる」となるんですね。)

高山病の症状(1が軽い症状)
 1.軽度の頭痛・食欲不振
 2.酷い頭痛・不眠・吐き気・休息時の動悸の乱れ・軽いチアノーゼ
 3.呼吸困難・口から泡を吐く・タンに血が混ざる・肺に水分を感じる
 4.意識不明・死亡
高山病は2500mくらいからなる可能性があるので、日本の山でも起こりえます。1の段階は誰もが経験することなので、無理をしないで回復させ、それから登ることが重要です。

高山病になったら
 1.しばらく安静にする
 2.高度を下げる(100m程度でも有効)
 3.下山する
高山病を治す薬はありません。軽い症状だったら、1か2で回復します。

高山病にならないために(これが一番重要です)
 1.水をよく飲み(1日3〜4ℓ)よく排泄する
   尿と共に二酸化炭素が排泄されるので、高度順応を助けます。
   夜中も我慢せずにトイレに行くことが重要です。
 2.前泊の高度から高度差500m以内の宿で宿泊する
   プランニングは、距離や体力ではなく、高度差で考えましょう。
   同じ村でも高度差があるので、体調と高度順応を考えて宿選びをしましょう。
 3.1000m上昇する毎に1泊余分に順応日を設け、休む
 4.目的地についても、すぐに休まない。
   高度順応には負荷が必要です。すぐに休むと高度順応が遅れます。すぐ寝るのは厳禁。
 5.目的地についた時、体調が良いようだったら、荷物を置いて、近くの高台まで登り、そこで30分以上過ごした後で宿泊地へ戻る。
   高度順応にはより高い負荷をかけてから高度を下げるのが一番早いです。実際にアルピニストは登山下山を繰り返しています。

薬や道具こちらもご覧下さい)
 1.Diamox(血管を拡張する薬)
   カラパタールの診療所でも処方されるので、休息日にもらっておくのもいいと思います。
 2.酸素ボンベ
   高度順応ができなくなるので、5500mくらいなら当てにしないほうがいいと思います。


私も早い段階で「高山病の症状1」を経験しました。その後「高山病にならないために」を忠実に実行しはじめたら、その後のトレッキングが楽になりました。

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
2011/05/13 11:40 PM by -

コメントする