登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< オルショ(Orsho)の村が見えてきた | TOP | ペリチェとディンボチェの分岐点 >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

太陽で方角を知る

方角を知る道具は2つあります。コンパス(方位磁石)と時計です。

コンパスの使い方はご存知でしょうから、時計で方角を知る方法を説明したいと思います。

その前に理科の復習から。
1.北半球ではお昼の12時に太陽が真南に来る
2.地球の自転は24時間で1回転する。(太陽が24時間で1周する)
 → 太陽は1時間で15度動く(季節により多少の差がありますが)

ここまで大丈夫ですね。ということは「太陽の位置と時間で南(北)が分かる」ということです。

具体的に例を挙げます。
 ・ 午前10時だったら、太陽の位置より30度右が南(反対を向けば北)
 ・ 午後4時だったら、太陽の位置より60度左が南(反対を向けば北)

アナログ時計だったら、角度も分かりやすいです。短針は12時間で1周しますから、1時間で30度。つまり太陽の2倍の角度ですね。ということは、短針を太陽に向け、12時との中間の方角が南になります。同様に、短針を影に向けて、12時との中間の方角が北になります。

トレッキング中も、方角を常に頭に入れておけば、道を誤ることも減ると思います。


国内の街中では、雨の日でも夜でも簡単に方角が分かります。
 ・ 辺りを見渡し、多くのベランダがある方角が南
 ・ アパートや家が見当たらない場合は、大きい窓がある方角・窓が多い方角が南

ただし海外では、風土や習慣が異なるので、必ずしも建物で方角が分かるとは限りません。

コメント

コメントする