登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< チュクン・リーへの登山開始 | TOP | 砂丘のような道を登りきると… >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

3歩進んで2歩下がる

ジグザグの道を登りきると、ここからは尾根伝いに登っていく。

ここまでたどり着くと、急に視界が広げ、北側の谷も、その向こうの山も、これから向かう先の山道も見える。登山を楽しむには絶好の道だと感じた。いや。正確には、そんな気がしたと言うべきであろうか。

そんなつかの間の喜びに水を差したのはこの道だ。この道のせいだ。その理由とは…

 まず1つ。前にもまして、急な登り道。
 次に、どこまでも続く砂の道。
 さらに、腰掛けられそうな石も皆無。

まるでここだけが砂丘に変わってしまったかのような場所だった。登山全般に言えることだろうが、尾根には回避ルートがない。だから、砂丘になっていようが人が倒れていようが、結局はそこを登るしかない。

砂丘を登ったことがある人なら、きっと分かるだろう。砂丘では、1歩を踏み出しても、必ず同じくらい沈む。場所によっては、さらにずり落ちる。そう。この感覚は「3歩進んで2歩下がる」のあの歌詞に似ている。もっとも、あの歌とは逆に1歩ごとに元気を奪われてしまうのだから、辛いことこの上ない。

唯でさえ砂場は歩きにくいのだが、登っても登っても進まないこの砂丘のせいで、体力は酷く奪われてしまっていたのだが、肝心の休む場所はない。立って休んでいても、ずり落ちないように注意を欠かすことは出来ない。靴の中は、既に砂でパンパンになっているのだが、中の砂を捨てようにも腰掛ける場所はない。このことが、さらに疲労を増していく。

一瞬、「駆け上がったほうが早いのでは」と現実逃避にも近い考えが浮かんだのだが、以前、山道を駆け上がった後の辛さを経験していたので、思いとどまることができた。

5000mの高度と酷い足場のせいで、足と呼吸はずっと悲鳴をあげていたが、それでも冷静に一歩一歩歩いていられたのは、美しい景色があったからかも知れない。

コメント

はじめまして!

このたびは簡単相互リンクにお申し込みいただいて
ありがとうございます。
大変光栄です。
さっそくリンクさせていただきました。

かのエベレストへしかも単独トレッキングとは
本当にすばらしいですね。

写真もとても美しくよく撮れていますねぇ♪
(すみません。写真はまったくの素人ですが)

飛行機で到着されたところから少し読ませていただきました。
何もかも未知の世界が。。。。

またお伺いさせていただきますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

探し方が悪いようでリンク表はどちらに
設置されていらっしゃるでしょう。
2006/07/24 6:21 PM by シオン★
こんばんは、シオンさん。

シオンさんのHPは「旅行リンク集」の中の「写真」に掲載されています。

かんたん相互リンクへは参加したばかりですが、これからも多くの方とお知り合いになれたらと思います。

今後とも宜しくお願い致します。
2006/07/24 8:12 PM by ふくろう

コメントする