登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< 3歩進んで2歩下がる | TOP | 世界第5位のマカルー(Makalu) >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

砂丘のような道を登りきると…

距離以上に長く感じられた砂場が終わると、後は高原のようななだらかに広がる場所だった。

小さいながらも低木が茂り、生い茂った草は芝生のようにも感じられた。登山道の写真を撮っていなかったので申し訳ないのだが、アルプスの少女ハイジに出てくるような高原をイメージしていただきたい。(実際にはそれほどでもないのかも知れないが、砂場から這い上がった私にはそう感じられた。)

このなだらかな道を徐々に上がっていくと、ついに登山道らしきものが見当たらない所までたどり着いた。登頂か?

地図でも確認してみたが、頂上までは道が続いていない。やはりここまでが登山道のようだ。敢えて進むというのなら、それこそ道なき道を進むのだろうが、そんな危険を冒してまで登ろうとは思わない。今の私には、そんな装備も経験もなければ、ガイドもいないからだ。おまけに怪我でもしたら、助けてくれる人もいないし、それどころか人影らしいものも登山開始から全く見ていない。

ここでも5280mの地なので十分高く、しかも見晴らしも良い。十分満足だ。

ここで記念撮影(証拠写真?)とランチを取ることにした。

コメント

コメントする