登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< グーグルアースで登山道の誤りに気付く | TOP | 無謀で危険な1日 >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

高地で写真を撮るコツ

チュクン・リーまでくると、高度は5000mを超えてくる。100mで気温が0.55度下がるということと、北半球の12月ということを考えると、日中だろうが気温がマイナスなのは明らかだ。

多くの方は、旅行やトレッキングにデジタルカメラを携帯するであろうが、寒い地では写真撮影にもちょっとして対策がいる。バッテリー液が凍ってしまうためだ。

そこで簡単ではあるが、寒い地での写真撮影の対処法を書いてみようと思う。

1.レンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)も持って行く
  一般に、単純なものほど強い。デジカメがだめでもこれなら大丈夫。
2.二酸化マンガンリチウム電池(CR電池)を利用する
  トレッキングの服装と装備でも書いたが、これは寒さにも強い。日本で準備していくと良い。
3.カメラをポケットの中に入れておく
  バッテリーを冷やさないためには、単純だが効果的。体に近い方が良い。
4.撮影時間は短く
  バッテリーが凍るといっても、短い時間ならほぼ問題ない。バッテリーの節約にもなるので、
  構図を決めてから撮る習慣を付けた方が良い。ちなみに、タイマー撮影と外国人は
  シャッターを押すまでが非常に長いので、お勧めできない。
5.デジカメの液晶画面は表示しない
  バッテリーと同様に液晶も凍る。電力を節約するためにもファインダーを通して見るのが良い。
6.電池を使いまわす
  デジカメでバッテリー切れになっても、懐中電灯くらいなら、まだまだ使えることも多い。
  「デジカメ」→「懐中電灯」の流れがお勧め。もちろん予備も携帯するように。

私もデジカメと使い捨てカメラを併用したが、チュクンリーとチョラ・パスでは使い捨てカメラを中心に使っていた。最近写真が少ないのも、そのためである。(スキャナーを買ったら記事を追加するかも)

コメント

なるほど、比較的寒い時期にはフィルムも併用したほうが確かだということですね。
2006/08/07 11:47 PM by Pombo
マイナス10度を下回るような地域でなければ、バッテリーも液晶画面も大丈夫だと思います。

私の場合は盗難防止のために、使い捨てカメラで写真を撮ってもらうようにしていますので、旅行でもカメラは2個持っていきます。
2006/08/11 12:14 PM by ふくろう

コメントする