登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< 高地で写真を撮るコツ | TOP | 2回目のシャワー >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

無謀で危険な1日

「疲れた。危なかった。」

チュクン・リーを下山し、ディンボチェのロッジに着いた時には、本当にそう思った。

まず、ディンボチェからチュクン・リーまで日帰りで往復するのは、時間的に余裕がないこと。トラブルがあると危険なので、チュクンで一泊するのが妥当だ。

次に、チュクン・リーの途中まででも、ディンボチェとの標高差が800m以上あるので高山病の危険性が高いこと。高度順応が順調にできていない人だったら、途中で頭痛などの症状が出ていたかも知れない。

そして、個人的に危険だったのは、ディンボチェ近くで道を間違え、表面が凍る小川を強引に渡ってきたこと。幅が2mくらいの小川だったが、川から僅かに顔を出した岩と氷の上を歩くのは危険だった。もし滑り落ちていたら、死にはしないまでも、下半身が凍るような水に浸かっていただろう。(体が冷えると一気に高山病が酷くなる)

それでも、ペリチェで2泊するよりは、ディンボチェへ来て正解だったと思う。順応日に何もしないのとチュクン・リーを訪れるのでは、比較にならないほどの差がある。

コメント

コメントする