登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< 5550mって大変? | TOP | カラパタールの頂上 >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

ついにエベレスト!

トレッキング開始から8日目。ついにカラパタールの頂上に到着した。エベレストも目の前に見える!

山の表情まで鮮明に見える。石を投げたら届きそうな距離だ。

しかし、その圧倒的な迫力のために、視覚そのものが狂ってしまっている。

ここカラ・パタールの頂上は5550m。エベレストの頂上は8850m。右下に見えるなだらかな場所は約6400m。そう。眼下に見える右下の場所さえ、実は見上げていることになる。

信じ難いことだが、彼の地はまだまだ10km先にあるのだ。

コメント

こんばんは、お久しぶりです。(いえ、お邪魔はしてたんですよ?)
なんつーかその…絶景っちゅーか圧巻ちゅーか…やっぱり凄いですね、山は。
しかも写真ですよね?実物はもっと凄いってことですよね…
もっとそそり立つような感じだったんでしょうか?
凄いところに行ってきたんですね。
なんかきました。胸にズガッっときました。
ありがとうございます。
2006/10/06 11:12 PM by 筋子
そうですね。尻餅をつきそうなくらいと書くと大袈裟ですが、そのくらい圧倒されます。

でもそれは、山の「大きさ」とか「美しさ」以外にも、「エベレストという名前」や「ここまで来た苦労」といったことも含まれていますので、実際に登った人にしか味わえないものなのかも知れません。

私も学生時代は山に興味がなかったので、筋子さんもいつか登ることになるかもしれませんね。
2006/10/06 11:41 PM by ふくろう
こんばんは、ご無沙汰してました。
10数年前に同じ道をあるいた、じゅんです。
ついにカラパタール到着ですね!
トレッキングとは言え、この地に辿り着くまではかなりハードですが、その分この景色を見ることができるのですからその価値はありますよね。
また意外にエベレストが近くに見えるんですよね。
おっ、俺でも登れるのでは?なんて勘違いを起こしそうでした。
ふくろうさんのこのブログを拝見してると、またカラパタールに行きたくなります。
2006/10/07 10:46 PM by じゅん
やはり、写真はいいですよね。過去を思い出させるきっかけになります。

実は使い捨てカメラで撮った写真もあるんですが、肝心の写真がなくなってしまいました。ネガはあるのですが、スキャナーがないので、現像もどうしようか迷っています。
2006/10/08 12:28 AM by ふくろう
ついにここまで来ましたね!
うーん、感慨深いものがあるなぁ。
続きもゆっくりとお願いします。
2006/10/09 8:35 AM by Pombo
12月中旬から登り始めたからか、ネパール情勢が安定していなかったからか、トレッカーは本当に少なかったです。

なので、このブログでこんなにも共感していただけたことに、ただただ驚くばかりです。

Pomboさん、そして皆さん、これからもよろしくお願いします。
2006/10/09 6:34 PM by ふくろう
初めまして、みかんさん。

そろそろエベレストトレッキングのベストシーズンですね。2週間の休みと20万円前後のお金があれば、可能だと思います。体力は絶対条件ではないので、いつかチャレンジしてみてください。

ところで、メールアドレスがリンクされていますが、公開されても問題ないのでしょうか。取り合えず、迷惑メール防止のために非表示にしましたが、公開又は削除のご希望がございましたら、またコメントにお書きください。
2006/10/17 11:13 PM by ふくろう
ふくろうさん、ありがとうございます。
アドレスは削除してください。よろしくお願いします。

このトレッキングって女1人でも安全なのでしょうか?

エベレストの写真をみて、また鳥肌立ってます。
本当に、本当に、本当に涙がでそうです。
2006/10/18 12:13 PM by みかん
男性だろうが、数人だろうが、事故の可能性はゼロではないと思うので、何とも言えません。

ただ、安全にも色々あると思います。
【遭難などの危険】ガイドや知識のある人がいればいいのですが、すぐに退き帰すことで最悪の事態は避けられます
【高山病などの危険】知識があれば大丈夫です。このブログでも書きましたので参考にしてください。
【山賊などの危険】ルクラから登り始めるのであれば、恐らく大丈夫です
【スリやぼったくりに合う危険】ヨーロッパやアジアよりも安全だと思います
【強姦などの危険】ガイドやポーター、日本人でさえ絶対安全とはいえません。ルクラに向かう飛行機の中に信頼できそうな人がいたら、一緒に登ろうとでも誘ってみてはいかがでしょうか。

このブログ内に「トレッキング仲間募集」の記事でも作成して、事前に仲間探しでもできたら面白いかもしれませんね。
2006/10/18 6:09 PM by ふくろう
ふくろうさん、どうもありがとうございました。

今日は高山病をちょっと調べてみました。登山経験はほとんどないし、結構勉強になりました。怖いなって思いました。

少しずつ、知識・情報を蓄えて、絶対にこの目でエベレストを見ます!

それから、エベレストからの帰りの行程も楽しみにしています!
2006/10/19 10:23 PM by みかん
高山病を直す特効薬はないので、少しでもなる可能性を下げるような生活をするしかありません。ナムチェに滞在したときの記事でも書きましたが、体力が劣っていることで高山病を避けられた人もいます。

ただ、10kg程度の荷物を背負い続けられるだけの筋力は必要です。私の場合は、肩や背筋に疲れが残ってしまったので、ここの筋力が弱かったように思います。

日本での準備としては、適度な筋力トレーニングもしておいて損はありません。
2006/10/21 9:30 PM by ふくろう

コメントする