登山が趣味ならエベレストでしょ

登山が趣味ならエベレストにも登ってみたいですよね。トレッキング開始からの詳細を写真と文章で紹介します。エベレストの写真が見たいだけの方も、エベレスト登山を考えている方も、是非ご覧ください。なお、山の名前等に誤りがある恐れがありますので、正確な情報はガイドブック等をご覧ください。

<< 湖から音 | TOP | ゴーキョのロッジ >>

登山が趣味ならエベレストでしょ

掲示板

皆さんへ

管理人の「ふくろう」です。この度、掲示板用として、このページを用意しました。記事や管理人と関係ないため、コメントに書くことを遠慮されていた方や、書きどころに困っていた方も、こちらに気兼ねなくお書きください。

− 書き込み例 −
 ・ ネパールや登山に関する情報交換
 ・ 管理人「ふくろう」以外とのコミュニケーション
 ・ 相互リンクの申し込み               など

整理や検索が可能な記事と違い、埋もれていくコメントはどうすればいいかと、ずっと考えていました。せっかく時間を割いて書いてくださったコメントですからね。

因みに、私がエベレストトレッキング前に知りたかった情報は、以下のようなことでした。
 ・ おすすめロッジ(綺麗とか日本語が話せるとか)
 ・ ガイドや宿泊料の相場(予算計画やぼられないため)
 ・ カラパタール以外のおすすめの地
 ・ 同時期にいっしょに行く人(ガイド料が折半できる)

知っている情報は皆と共有して、知らない情報は皆に聞きましょう。

コメント

みかんさんへ

デジカメについてですが、海外で使うのであれば乾電池式の方がいいです。それから、写真を撮ってもらう際も、時間を掛けられたり、盗まれたりしないように、使い捨てカメラも持っていった方がいいと思います。詳しくは「高地で写真を撮るコツ」をご覧ください。

ガイドについてですが、カトマンズの旅行代理店で依頼すると、カトマンズ−ルクラ間の時間や飛行機代まで請求されるのではないでしょうか。アン・ドルマさんがおっしゃったように、ルクラで探せばいいように思います。
2007/01/26 8:46 PM by ふくろう
みかんさんへ

「食べる酸素」というのは、胃から酸素を摂取するというのでしょうか。初めて聞きました。薬については「登山におすすめの薬Diamox, Steridrolo」の記事で書きましたので、参考にしてください。


アン・ドルマさんへ

Diamoxの使用法について、詳しくご存知ですか。脳の血管を拡張することで、高山病対策になると聞きましたが、その使用量について、正確に覚えていません。軽い高山病の症状がでたら1日3回2錠ずつ、高度順応を早める時には夕食後に半錠とかでしたよね。正確な処方は、医者にしか言えないと思いますが、ご存知の範囲内で結構ですので、お教えください。
2007/01/26 8:58 PM by ふくろう
ふくろうさん
掲示板を用意して頂き有難うございます。
ダイアモックスについてお知らせします。日本では医師の処方が無い限りあの薬は手に入りません。私はカトマンドウのエージェントで手に入れます。この薬の目的は利尿作用です。高所における健康のバロメーターはオッシコです。3400メーターのナムチェでは3400ccの水分を取りどんどん排尿して血液をサラサラにしてヘモグロビンを増やします。体の中に酸素を沢山行き渡らせるのです。個人差がありますが、2600メートル位から使用するといいでしょう。予防ですから早めに服薬、朝・夕半錠がいいでしょう。 つづきはあとで、、、、。

2007/01/28 12:49 AM by アン・ドルマ
ダイアモックスの続きです。服薬すると抹消神経が痺れますが心配要りません。目的の高度につき下り始めたら飲む必要はありません。たとえばカラパタールの登頂を終えたら飲まなくていいのです。薬の量は多くても朝・夕一錠です。心臓に負担が掛かりますから、、、。オシッコの回数がとても多くなりますが大切なことですので受け入れてます。特に夜スリーピングバッグの出入りが大変です。とにかく水分だけは充分に!
高所に強い人もいますので、これは目安です。
 食べる酸素はタブレットになっています。ICI等に並んでいます。深呼吸をお勧めします。 

2007/01/28 1:23 AM by アン・ドルマ
アン・ドルマさん

ダイアモックス情報、ありがとうございました。私もダイアモックスの記事を書くときにも調べたんですが、もう一度調べ直してみました。高山病の予防・症状軽減は確かなようですが、どうやら頻尿は副作用だそうです。ですから、頻尿にならない方も、摂取量が少ないという心配はなさそうですね。

「食べる酸素」を調べてみたんですが、人気があるようですね。ただ、ナムチェには医者がいますし、どうせ高度順応のために連泊する必要があるのですし、ここは医者にダイモックスを処方してもらった方がいいと思います。私もそうしましたが、意外と安かったような記憶があります。
2007/01/28 7:25 AM by ふくろう
ふくろうさん、掲示板のカテゴリどうもありがとうございます。背景もリニューアルしましたね。パソコンがずっと調子悪いので、一瞬、とうとう壊れたのかと(笑)

それからカメラの件、アドバイスありがとうございます。
一生に何度挑戦できるかわからないし、せっかく行くので、これから乾電池式カメラ、探してみるつもりです。使い捨ても持参しようと思います。

また、登山初心者の私は、安全を買うつもりで、カトマンズからのガイドさん同行を希望しました。一人なので、持ち物のチェックや、不安解消につながればいいと思います。

アンドルマさん、ふくろうさん、
ダイアモックスの説明どうもありがとうございます。
予定ではナムチェで高度順応のため1泊することになっているので、処方してもらおうと思います。
薬の事を私も調べてみたのですが、利尿を促す事によって水を飲む回数を増やすことが血液をさらさらに保つのに役立つとありました。
なので大事なのは充分な高度順応をする事が大事だということです。
トレッキング中、適当な間隔でトイレはあるんでしょうか・・?やっぱり野外ですかね?


2007/01/28 8:59 AM by みかん
みかんさんへ

私は海外旅行が好きなので、カメラもシェーバーも乾電池式のを持っています。やっぱり乾電池は便利ですね。

ところで、ナムチェで1泊は少ないのではないでしょうか。順応日としてもう1泊という意味でしょうか。高度順応が順調で予定よりも早く到着することはあっても、計画自体を順調な場合で想定するのは、危険だと思います。

私が経験した遭難も、相棒が「今日中にゴーキョへ行かなければならない」という無理な計画があったからです。

近々、トレッキングプランのカテゴリに「カラパタール14日プラン」というのを追加する予定です。是非、参考にしてください。
2007/01/28 11:17 AM by ふくろう
みかんさんへ。
今晩は。みかんさんは、女性(?))だと思ってコメントしています。違っていたらごめんなさい。エベレスト街道はロッジが沢山あってトイレはそこで借りられます。ガイドさんに交渉してもらうといいでしょう。ダイアモックスの影響で頻尿の時は岩影、林のなかで用を足します。その時もガイドに必ず断ります。使用したペーパーはビニール袋に入れて保管します。私は歩き始めて30分で行きたくなる癖がありトイレ探しに苦労をしています。余談ですが、初めてのトッレキングは、水が合わないとか食事のこととかで下痢をする事も多いです。ひどい時はまるで水のような症状になってしまいます。しかたのないことです。もっと情報が欲しかったらコメント下さい。
2007/01/29 10:50 PM by あん・どるま
ふくろうさん、今晩は。
ゴーキョのロッジまで行きましたね。私は一番奥のロッジの前でテントを張りそのダイニングルームでとぐろを巻いていました。そこのサウニ(おかみさん)が日本人びいきですっかり意気投合して、楽しい時間をすごしました。
2006年秋のことです。
2007/01/29 11:12 PM by アン・ドルマ
ふくろうさんへ
パソコン初心者、またミスをしているようです。「コメントする」の場所にアン・ドルマのnameが、自動的に乗ってしまいます。どうしたらいいのでしょうか?

ヒマラヤのロッジは基本的にはみんな優しいですね。
何時でもお尋ねください。
2007/01/30 3:44 PM by アン・ドルマ
ふくろうさん、アンドルマさん。
ありがとうございます。

(今日は、仕事を休んで、いろんな用事を済ませた後、カメラを見に行ってました。)

わたしは女なので、トイレはちょっと大変です。
トレッキングと生理(ネット上ですみません・・・、が、でも深刻です)が重なると大変です。腹痛、頭痛になってしまいます。

ですが、ロッジが結構あるということなので、安心です。

私が予定しているプランを再度見てみると、基本プランが組んであるのですが、(ナムチェは2泊となっていました)、参加者の体調を見ながら、当日のプランを組んでくれるようです。
私がコンタクトを取っているのは1社ですが、かなり良心的な印象を受けています。


2007/01/30 5:29 PM by みかん
アン・ドルマさんへ

「name」に自動的に「アン・ドルマ」と書かれているのは、アン・ドルマのパソコンだけです。私のパソコンからでは「ふくろう」と書かれています。覚えるのが面倒なIDなどをパソコンが覚えてくれているだけですので、何も問題ないと思います。

もし、複数の人と共有しているパソコンでしたら、「Cookieに登録」のチェックを外してください。
2007/01/30 10:08 PM by ふくろう
みかんさんへ

ロッジは3時間おきくらいで見つかります。私は朝、昼食後(11時)、到着後(2時)に用をたしたので、外でしたのは2度ほどしかありませんでした。トイレの頻度は個人差がありますが、荷物や見張りの心配も、ガイドさんがいれば、大丈夫ですね。ただ、水場の近くではしないように注意してください。

生理のことはよく分かりませんが、高山病の初期症状である頭痛などを見逃してしまうかも知れませんね。私が女性だったら、出発日やカトマンズ観光などで、日程を調整すると思います。
2007/01/30 10:37 PM by ふくろう
ふくろうさんへ、
「nama]の件分かりました。ありがとう!
ところで、ふくろうさんは、日本でも山を沢山歩いているのですか?
私は五日から八日まで八ヶ岳のアイス・クライミングのトレーニングに入ります。初めてです。今度行きたいと
思っている、ヒマラヤのコースには氷壁があるのです。
2007/02/02 11:50 PM by アン・ドルマ
みかんさんへ
初めてのネパールはワクワクすると同時に心配事も沢山ありますね。でも、案ずるより生むがやすし、、、。でしょう。生理の件ですが、高所によるバランスの崩れや精神的ストレスで計画どうりには行きませんので、気をつけてください。幸い単独で歩かれるようなので、生理痛の時はロッジで休んだほうがベターでしょう。生理用品も余計めに、、、。
2007/02/03 12:11 AM by アン・ドルマ
アン・ドルマさんへ

数年前は、日本の山にも時々登っていましたが、最近は全然登っていません。

氷壁とは凄いですね。気をつけて楽しんできてください。
2007/02/04 12:36 PM by ふくろう
まったく関係のない質問なのですが、
皆さんはカトマンズに入るときはどの航空会社を利用されましたか?話を聞くと、私が利用しようとしている会社は遅延がとても多いようなのです。
2007/02/11 9:54 PM by みかん
カトマンズは霧が深いそうなので、航空会社のせいというよりは、天候のせいではないでしょうか。より安全な判断をした結果の遅延と考えればいいと思います。逆に、強行する航空会社の方が心配じゃありませんか。
2007/02/13 12:49 PM by ふくろう
ふくろうさん、飛行機ですが、よくよく聞いてみると、遅延が多くネパールでも悪評高い?!(笑)そうです。
地元の人も使いたがらないらしいです・・

ところで、飲み水にいれる消毒薬ですが、できたら日本で手に入れて持参したいとおもっているのですが、薬局で手に入るのか疑問です。
2007/02/13 5:42 PM by みかん
私は医者派なので、薬局のことはよく分からないのですが、薬局はそのような需要にも対応しているのでしょうか。

山水をあの薬で殺菌したとしても、全身が震えるくらいの冷たさなので、極力使わないようにしていました。あの薬は、遭難時の保険のようなものなので、絶対に必要な物でもありません。ガイドがいるならなおさらです。
2007/02/13 10:41 PM by ふくろう
ふくろうさん、こんにちは。

薬局でいろいろ聞いてみましたが、やはりありませんでした。
代わりに腹痛止めの薬を購入しました。(殺菌効果のある下痢止め)

ガイドさんは、単に道案内だけに限らず、アドバイスもしてくれるのですね。

現地で調達すればいいかなぁともおもっているのですが、持ち物を考え始めるとキリがなくて・・・(笑)

いろいろ教えていただいて、ありがとうございます。



2007/02/14 10:47 AM by みかん
余計なお世話かも知れませんが、トレッキングの準備で重要なことは、「あったらいい物をそろえること」よりも「絶対に必要な物以外を諦めること」です。男性でも、10kgの荷物と2kgの水は重いです。
(ガイドとは別にポーターを雇うのなら別ですが)

歩き始めてから、必要・不必要が分かることもしばしばです。「靴やデジカメ、化粧品以外は、現地で調達できる物でも大丈夫だ」くらいに考えてもいいと思います。
2007/02/14 8:37 PM by ふくろう
皆さんにちょっと質問があります。

プロフィールに書いてある通り、私はこのブログをトレッキング記録(日記)と写真をまとめるために作成し始めました。山の名前などを勘違いしていたこともしばしばですが、それが本当に私が経験したトレッキング、感じた印象だったとも言えます。

しかし、私が誤った情報を掲載することで「これを見た人が遭難する」という書き込みもございます。

指摘はありがたいのですが、やむなく削除した記事や書き直した記事が増えるにつれ、だんだんとフィクションになってしまっている気がします。

前置きが長くなってしまいましたが、皆さんはこのブログをどのようにご覧になっているのでしょうか。
 1:ガイドブックとして
 2:登山好き、ネパール好きの人と交流するため
 3:写真や文章を楽しむため、あるいは懐かしむため

よろしかったら、ご意見をお聞かせください。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
2007/02/21 4:05 PM by ふくろう
ひさしぶりです。

わたしは、もともと写真が大好きなので、このHPにお邪魔するようになった始めの頃は写真メインでした。

聞きなれない地名などは、ほとんど見てませんでしたが・・・
実際にトレッキングにいくと決めてからは、自分でガイドブックを購入して、ガイドブックの地図と、ふくろうさんの写真をみて、楽しんでます。
2007/02/22 8:13 PM by みかん
みかんさんは、私の想像通りで安心しました。万一、このブログを全部プリントアウトしてガイドブックとして利用している人がいたら、うかつに情報を掲載できませんからね。
きっと、このブログをご覧になる方は、自然の写真を楽しんだり、トレッキング前に気分を盛り上げたり、以前訪れた土地を懐かしんだりしているのではないかと考えていました。

他の方のご意見もお待ちしております。
2007/02/22 11:40 PM by ふくろう
ふくろうさん、
いよいよ、明後日からネパールに行きます。
出発前から、こんなに緊張していていいのかな?とおもうくらいです。
絶対いい報告ができるよう楽しんできます。
2007/03/02 7:58 AM by みかん
いよいよですね。みかんさん。

ナムチェで60歳くらいの人と会いましたが、ゆっくりじっくり登っている人の方が、登頂できる可能性が高いように思います。写真を撮ったりメモを書いたりしながら、じっくりと楽しんで登ってください。

帰国したら、最新の物価や日本語が通じるロッジなどの情報を教えてくださいね。
2007/03/02 11:10 PM by ふくろう
ふくろうさん
久し振りです。
今日の早朝帰国しました。

いっぱいありすぎて、何から話していいのか・・・(笑)
カラパタールにはいけませんでしたが、ただただ山はすごかったです!!!

ふくろうさんみたくホームページを作りたいです!


2007/03/27 8:57 PM by みかん
みかんさん、お帰りなさい。無事で何よりです。

きっと、写真もたくさん撮ったんでしょうね。ホームページやブログを作ったら、ご連絡ください。
2007/03/27 9:20 PM by ふくろう
今晩は!ふくろうさん、みかんさん、お久しぶりです。みかんさん、ブログでお見送りも、お出迎えも、出来ずごめんなさい!
himarayaの旅楽しまれたようですね。よかったね!
旅の様子を是非聞かせて下さい。
実は2月の6日、南アルプスでアクシデント、4月7日
まで、入院していました。満身創痍、今、こうしてお二人とお話しているのが不思議です。もう一つ、頚椎のオペが残っていますが頑張ります。
私は再びヒマラヤへ帰りたい!
このブログがたのしみです!よろしくね!おやすみなさい。
2007/04/13 10:58 PM by アン・ドルマ
アン・ドルマさん、こんばんは。
2ヶ月間の入院とは驚きましたが、回復されたようで何よりです。冬山の怖さを再確認しました。
このブログも、「正確な情報」と「個人の記録」のどちらを重視するかで迷っていますが、いずれまた更新を再開しようと思っています。
2007/04/14 12:48 AM by ふくろう
ふくろうさん、おはようございます!
メールさっそく有難うございました。
ブログ上で何かありましたか?想いを文字にして公開すると、文字が一人あるきをします。読み手の中で変化して膨らんで行ってしまいます。あんまり気にすると、文章が書けなくなってしまいます。日々の移ろいや旅の楽しさを共感できたら良いのではないでしょうか?
作る人も、読ませてもらう人も楽しまなくちゃね!
正確な情報は外務省へどうぞです。
今日の当地は冷たい風が吹き桜吹雪です。
2007/04/14 9:13 AM by アン・ドルマ
ブログ上であったことは、このページの2月21日のコメントに書いてあります。
公開するからには情報に責任を持つべきだという考えも理解できたので、しばらく考えていたのですが、次第に更新する意欲も萎えてしまいました。
残りは、下山とカトマンズだけなので、いつか書こうとは思っています。
2007/04/14 9:54 PM by ふくろう
ふくろうさん、アンドルマさん
お久しぶりです。

まず、アンドルマさん、大丈夫なのでしょうか・・
とってもびっくりしています。
どうか頚椎の手術、うまくいきますように・・


それからふくろうさん、
お邪魔はしていたのですが、アンドルマさんと話されていることで、なんて言っていいかがわからず、コメントできずにいました。
拝見するたび、ページが更新されていないことが残念でした。
どうか、ふくろうさんの更新をたのしみにしている人が(わたしも!)もいると思うので、ふくろうさんの気がすすむ時にアップしてほしいと思っています。

わたしはネパールの山々の景色の美しさに、まだ酔っていて、なかなか抜け出すことができません。






2007/04/16 9:09 PM by みかん
みかんさん、今日は!
ふくろうさんのステージからご挨拶させていただきますね。ヒマラヤの、フアースとタイム、とても感動的のようでしたね!自分の事の様にうれしいです。その感動を次に繋げてください。私も頚椎のオペに挑み、この秋か来春には、ヒマラヤへ戻ります。ナムチェのサウニ(おかみさん)達が待っています。
私はここでふくろうさんと、みかんさんに会える?のがとても楽しみでした。寂しいです。
ときどき除いています。
お二人ともお元気で。ナマステ!
2007/04/22 1:38 PM by アン・ドルマ
アン・ドルマさん、体の回復具合はいかがですか。それにしても、大怪我してなお山を目指すとは、根っからの山男ですね。

私は最近ぱったりと山から離れていましたが、徐々にアンナプルナへの興味が沸いてきました。アン・ドルマさんは、アンナプルナ方面にもお詳しいですか。
2007/04/26 6:27 PM by ふくろう
今晩は、久しぶりにコメントできてとてもうれしいです。アンナプルナは大きくラウンドしています。5300メートル?のトロンパス越えとその他ムクチナートへ入っています。いいところですよ。ぜひどうぞ!
所で、私は山男ではありません。のんびり山を歩くおばさんですよ。もしかしたらふくろうさんのお母さん位かも知れません。がっかりしないでね。ヒマラヤの事を沢山お話したいですね。
私の大きな課題は頚椎のオペを受けることです。今回の滑落で頚椎にダメージを受けてしまいました。5月14日の予定です。しっかり向き合うつもりです。
みかんさんは元気かしら?またメールくださいね。
おやすみなさい!
2007/04/30 8:38 PM by アン・ドルマ
アンドルマさん、14日に手術なのですね。。
とても不安だと思います。
(わたしも来春あたり、再挑戦を考えています)
わたしも、いつかトレッキングで偶然ふくろうさんや、アンドルマさんにお目にかかりたいです。
とっても楽しいと思います。

今回のトレッキングでは、たくさんの日本人グループ、地元の方々にお世話になりました。
みんな、ヒマラヤの景色に瞳をキラキラ輝かせていたのが印象的でした。
2007/05/01 9:43 PM by みかん
ラリグラスさん、お久しぶりです。お元気でしたか。
HPを拝見しました。やっぱり雪山は綺麗ですね。

ところで、ラリグラスさんがいらっしゃらない間に、アン・ドルマさんというヒマラヤに詳しい方もいらっしゃるようになりました。もしかしたら、お二人は顔見知りかも知れませんよ。
2007/05/08 8:37 PM by ふくろう
アン・ドルマさん
女性とは知らず、山男などと書いて失礼しました。日本人で登山が好きな人はたいてい男性なので、ついつい思い込んでいました。

上のコメントでも書きましたが、ラリグラスさんというクムジュン出身の方がいらっしゃるのですが、もしかしたらお知り合いじゃありませんか。現在は日本で早月小屋(リンク有)を経営されている方です。

世界がどれだけ広くても、世間は意外と狭いものですからね。
2007/05/08 8:57 PM by ふくろう
ふくろうさんおはよう御座います、HP訪問有り難う御座いました、アン ドルマさんですか初めての方だと思います、ネパール言うかシェルパの名前では女の人の名前ですが女性方ですかね、これからネパールのヒマラヤやクンプ地方のお話楽しみです(*^_^*)。
2007/05/09 9:42 AM by ラリグラス
アン ドルマさんはじめまして、ラリグラスと申します、アンドルマさんはネパールへ何回も行ってこられたんですか、なんかネパールへ行って来られた方のお話出来るのすごく嬉しいです、私もなかなか里帰り出来ないもんですから皆様のお話聞くと懐かしいです、又是非色々とお聞かせ下さい(^_^)v
2007/05/09 9:49 AM by ラリグラス
くまちゃんさんへ

他の登山記録をつづったブログはありません。もちろん他にも登山経験はあるのですが、ブログとして記録に残すほどのボリュームではありませんので。

それから、記事と関係ないコメントは、こちらの掲示板にお願いします。あちこちに散らばると、私以外の方には前後の内容が把握しづらくなりますので。
2007/05/14 12:17 PM by ふくろう
今日は!ふくろうさんおげんきですか?みかんさんお変わりありませんか?私は24日から自宅療養に入りました。オペは成功しました。ご心配頂き有難うございました。後は時間をかけるだけです。晩秋か冬にはヒマラヤへ帰りたいです。
ふくろうさんのステージからラリグラスさん今日は!
アン・ドルマです。私の名前は、ターメのラマさんに着けていただきました。どうぞよろしくね!クムジュンにはメロ・サティがいます。ナムチェ・サンサイトロッジのミンマ・カンチーがお嫁さんに行きました。
私は、何時もラクパ・テンジンのさくらロッジに泊まります。マーライ・デーレ・クシラーギョ。フェリベッタンラ。
ふくろうさん、ありがとう!
2007/05/29 1:53 PM by アン・ドルマ
アン・ドルマさん、こんばんは。手術も成功したようで、よかったですね。

でも、「時間をかけるだけ」って前向きな姿勢に驚きました。きっと私だったら、「まだまだ時間がかかる」って考えてしまったと思います。これも、ヒマラヤへの思いが強いからなんでしょうね。
2007/05/30 6:02 PM by ふくろう
アン ドルマさん今日は、マライ パニ タパイ サンガ クラ ガルナ パウダ エクダム クシ ラギョウ
ダニェバト。クムジュンにサティが居るんですね、名前はなんとおしゃるんですか、もしかしたら親戚の方かもしれないですね、ナムチェでは私の同級生もいっぱいいます。では、又お会いしましょう、剱岳の方も是非遊びに来て下さい(^_^)v
2007/06/07 9:55 AM by ラリグラス
ふくろうさん、今晩は。如何お過ごしでしょうか?私は起きている時間の方が多くなりました。首、肩が、とても重いのは同じです。オペ後未だ一ヶ月経っていないので仕方ありませんね。脳みそはたいして入っていないのですが、頭ってとても重いのですね。ベットで小説などを読んでいる時が一番楽な姿勢です。
所で、ふくろうさんのステージでラリグラスさんと交信が出来てうれしいのですが、何時も何時もあなたに頼って申し訳ありません。それで、早月小屋にリンク・メールしてみました。届くかどうか分かりませんが・・・

ラリグラスさん、ナマステ!
サンツアイ、フヌフンツァ?
メロ・サティ・ナーム、ミンマ・カンチー。タンボツェのトレッカーズ・ロッジ、ぺんば・テンドゥの妹です。
ミンマの、ハズバンドの両親は、10年ほど前ゴーキョの雪崩で亡くなってしまいました。覚えているでしょう?彼のお姉さんはヒラリースクールで先生をしています。長くなるので今日はこの辺で、失礼します。

皆さん、おやすみなさい。
2007/06/08 10:53 PM by アン・ドルマ
ふくろうさんご無沙汰しております、お元気ですか、
アン ドルマさんこんにちは、ミンマの旦那さんですね、彼のお姉さんと私クムジュン学校の同級生です、そうですね、ゴーキョウの雪崩の事故覚えています、所で早月小屋のメールアドレスにメール届いていませんでした、大変申し訳ないですが又送っていただければ幸いです(^_^)v通信見るとアン ドルマさん手術されたんですね、ご苦労様でした、お体大事にしてください、では、ペリ ベタウラ
2007/06/13 8:57 AM by ラリグラス
アン・ドルマさん、ラリグラスさん、こんばんは。

お二人とも、私を無視して書き込んでくださっても構いませんよ。そのための掲示板として作ったつもりですから、全然失礼ではありません。

それに、雪崩の事故があったこととか、このブログ以外の情報も大変参考になります。書き手である私が読み手になってしまいますが、お二人がネパール話で盛り上げてくださると、私としてもうれしいです。
2007/06/14 6:34 PM by ふくろう
今晩は!ふくろうさん。あなたを、無視してコメントは出来ません。でも、私と、ラリグラスさんのお話を、楽しんでいただけたらうれしいです。どうぞ宜しくお願いします。ふくろうさんは、クムジュンに泊まられましたか?グリーンと白を基調とした美しい集落です。聖なる山・クンビラの山すそに広がる家々の佇まいが好きです。
ラリグラスさんこんばんは。
カンチーのリリーと同級生でしたか。彼女は去年、日本に来ませんでしたか?2006年の秋クムジュンで会いました。ちょうどランチタイムでチョリが、家に帰ってきたところでした。
昨日はロールワリンのドメ・シェルパが来日したので、仙台まで歓迎会に行ってきました。ラクパ・テンジンのチョラ・ハクパ・ヌルブも来日しました。
シェルパティーを飲みながらクムジュンやターメを思い出しています。またね!おやすみなさい。
アン・ドルマ
2007/06/14 10:02 PM by アン・ドルマ
アンドルマさん今日は、ええそうですか、良かったですね、皆さんにもナマステお伝え下さい、はいミンマのディディ(旦那の姉)昨年日本に来ました。私が住んでいる所の学校と私の母校(クムジュン学校)が姉妹校ですね、それで毎年交代で交流していますね(一年向こう行って、一年こっちへ来て)昨年こっち来られたから今年は向こうへ行く年です。同級生とも何年ぶりにあってすごく嬉しかったです(^_^)では、長くなりそうだから今日はこの辺で失礼します。
2007/06/15 1:47 PM by ラリグラス
今晩は。ナマステ!ふくろうさん、ラリグラスさん。
みかんさんは、お元気かしら?
もうすぐ8時になります。夏至がまじかなので、漸く夕闇に包まれました。私の家の庭にはラベンダーが沢山植えてあります。爽やかなハーブの風が流れています。
1年中で1番好きな季節です。
去年の今頃は、チベット・カイラスの旅の準備をしていました。聖山・カイラスはシェルパ族の人や、ヒンズー
教の人たちにとって憧れの場所です。遠い、遠い所ですが心に焼きつく所です。
ラリグラスさんはカイラスで、オンマニペメフンと祈られましたか?ヒマラヤ全部が祈りの場所ですよね。
サウンド・ベージュの太古の大地を「無」になって歩くのが好きです。おやすみなさい!アン・ドルマより
2007/06/19 8:18 PM by アン・ドルマ
アン・ドルマさんとラリグラスさんのコメントを読んで、改めて「ヒマラヤ親日家マップ」があったら良いのにと思いました。きっとお二人なら作れますよ。

トレッカーにとって、どうせ泊まるなら、日本人を歓迎してくれるところの方が楽しいし、日本語しか話せない人にも安心です。ロッジの方も日本語が集客力になれば、嬉しいでしょうからね。

私はモンジョの1軒で日本語が話せるご主人に会いましたが、他にもたくさんいるのですか。
2007/06/20 12:00 AM by ふくろう
今晩は!今日は首の具合がとても悪いです。気候の制でしょうか・朝から、ズーット雨が降っています。私の知らないうちに入梅していたのですね。
モンジョのサウジとお話したのですね。あの方は、若い時に日本隊とヒマラヤヲ歩かれたそうです。あのロッジはサウニ・おかみさんが強いです。息子さんは、小さい時に高熱を出し、聴力をなくしました。でも、ガイドとして頑張っています。私は、彼にバイブレーター着きの
腕時計をプレゼントしました。3年ほど前に、彼の息子(1歳半)を、助けたことがあります。坊やが何かの、拍子にケロシン・ガソリンみたいなものを飲んでしまい大騒ぎ、そこに居合わせた私たちは、砂糖湯を飲ませ、指を突っ込んで吐き出させました。それ以来、私は、ビップ扱いになちゃったのです。
日本語の話せるシェルパさんはいます。其れは又にしましょう。簡単なネパール語と単語並べの英語?でけっこう旅を楽しんでいます。その中で沢山の、ドラマが生まれています。
里心、早くナムチェ・タンボチェ・ターメへかえりたいな!
おやすみなさい。アン・ドルマより



2007/06/21 11:15 PM by アン・ドルマ
モンジョの奥さんだったら、ブログ内に写真もありますよ。ご覧になりましたか。カテゴリ「一日目(トレッキング開始)」の下の方にあります。

私も初日は歩きながらネパール語を勉強したんですが、覚えられたのが「〜ください」と「〜はどこですか」だけだったので、すぐに諦めてしまいました。
2007/06/23 7:35 AM by ふくろう
ナマステ!メロ・サティー(私の友)
こちらは梅雨らしい空模様です。庭の緑だけが元気です。私は今一です。でもドクターからウオーキングの許可が出ました。後一ヶ月もしたら600メートルくらいの山は登ってもよいそうです。
モンジョの若奥さんの写真を見ました。あの籠の赤ちゃんがケロシンを飲んだ赤ちゃんかしら?
エヴェレスト街道を歩いた時は帰りは必ずモンジョで泊まります。秋ですと自家製のアップルパイをご馳走になります。私は、マッサラの入ったシェルパ・ティーが大好きです。でも気をつけないとミルクが体に合わず、下痢をすることがあります。あの山域での下痢と吐き気はとても辛いものがあります。この頃はそんなこともなくなりましたけど。
シェルパ語は一生懸命に覚えてヘタクソでも使います。まずその場でメモを取っておくのがコツですね。歩きながら、生活の中で言葉を増やして生きます。楽しいですよ。デーレ・マンパルサ(とても楽しい)
それでは、今夜はこのくらいで、シバラトリー・・・
(おやすみなさい)
2007/07/01 12:14 AM by アン・ドルマ
こんばんは。

やっぱりあのモンジョのロッジはおすすめですよね。確か、入ってすぐの玄関脇に小さな洗面台があったのですが、あれもヒマラヤらしくなくて良かったです。

それから、アン・ドルマさんの文を読んで分かったのですが、正しくはネパール語ではなくシェルパ語なんですね。
調べてみました。(→http://www.aa.tufs.ac.jp/~tagengo/nepal.html)
公式には学校や教科書でもネパール語が使われているようですが、実際にヒマラヤの地で使われている言語はシェルパ語なのでしょうか。私が本を見ながら使った言葉が通じなかったのは、発音のせいなのか、言語のせいなのか知りたいです。
2007/07/01 6:32 PM by ふくろう
おはようございます!今日も一日良い日でありますように。と言うよりも良い日にしたいものです。
この頃一日が短くて困ります。きっと年のせいですね。
私は人様のブログを拝見して楽しんでいます。古い人類に属していますので、手書きの便りと切手に頼って、毎月「風だより」と言うものを150〜180通ほど出してきました。2月からは怪我でお休みでしたけど。楽しんでいます。
お届けできないのが残念!
シェルパ語とヒンディー語・ネパール語はミックスされていて私にもよく分かりません。ターツァイナ・分からない。英語・シェルパ語日本語のミックスで楽しんでいます。それで充分気持ちが通じますものね。
モンジョウのロッジはデーレ・ラムロです。又使って下さい。フェリベタンラ。
ふくろうさんへ。
2007/07/02 9:14 AM by アン・ドルマ
ふくろうさん、アンドルマさんお久しいぶりです、最近ばたばたしておりましてなかなかブロック拝見しておりませんが今日はお久しいぶりに拝見した所アンドルマさんネパール語上手ですね(^_^)ネパールには多くの民族が住んでおりましてみんな言葉が違って同じネパール人ですけどなんか外国人同士で住んでいるみたいですが
みんなお互い共通後のネパール語を使ってコミューニケションを取っています。でもやっぱり他の民族の言葉もすごく難しいですね、(*^_^*)ではフェリベタウラ
2007/07/05 4:07 PM by ラリグラス
民族の言葉、共通語としてネパール語、仕事のために英語(日本語)と、3つもの言語が話せる方も多いのでしょうね。

しかし、どれだけ言語を学んでも、母語が話せないのは寂しいものです。ラリグラスさんも日本暮らしで大変でしょうから、ここでならシェルパ語を使ってもいいですよ。少なくともアン・ドルマさんには通じるでしょうから。
2007/07/08 12:31 PM by ふくろう
ナマステ!
アザ、ラムロ・モンソン。デーレ、ラムロ、クシラーギョ。今日はとてもよい天気、とても幸せです。
ふくろうさん、ラリグラスさん今晩は。
サンツァイ、フヌフンツァ。マーライ・ティクチャ。
ラリグラスさん、タシデレ!
私のネパール語は挨拶程度でほんの少ししか話せません。もっと勉強したいのですが、私の街は地方都市なので、ネパール語を学ぶ機会がありません。ザンネンです。早月小屋に泊り込んでラリグラスさんにシェルパ語
を習いたいです。燕山荘に毎年ナムチェのアン・ドルジェが来ますが、彼は日本語でベラベラしゃべってしまいます。歩きながら覚えるしかないですね。
ふくろうさんは、近い将来ヒマラヤを歩く予定はあるのですか?まだお若い(?)から、これから沢山、色んな国を歩けますね。私はインカや、シルク・ロードを歩いてみたいです。最高の夢は、何と言ってもチョモランマかな?夢の夢です。
早月小屋にメールを送ります。
お二人に、シュブラトリー、フェリベタンラー。
2007/07/09 11:36 PM by アン・ドルマ
ふくろうさんアンドルマさん今晩は。ナマステ、タシデれ(*^_^*)タパイハルライ サンツァイ フヌフンツァ?皆さんお元気ですか、アン ドルマ ジ (アンドルマさん)タパイライ ネパーリバザ ラムロ アウネ
バエコレ マライ クシ ラギョウ。(ネパール語上手に喋れるから嬉しいです。)タパイハルライ ブイツァロ(地震)ラゲコ ベラ ケヒ バエコ ツァイナ?皆さん地震の時大丈夫でした?では。スパラトュリお休みなさい。
2007/07/17 10:49 PM by らりぐらす
皆さん、地震は大丈夫でしたか。
2007/07/19 7:01 PM by ふくろう
タシデレ!
ふくろうさん・ラリグラスさん。サンツァイ?
アザ・ナラムロ・モンソン。デーレ・クィロ、アリカテ・パニ。
地震お見舞い有難うございました。そうなんです。実はアン・ドルマは新潟に住んでいます。幸いに震源地から離れていましたので被害もなく済みました。でも午前と午後の揺れはとても怖かったです。家がギシッ・ギシッ
音を立てて揺れ、体も暫らくの間、横に揺れていました。柏崎の友人の家は大変な様子です。それに活断層の
上に原子力発電所がありとても危険な状態にあります。
新潟は天災続きです。小さい・小さい人間に何が出来るのでしょうか?
フェリベタンラ。
2007/07/22 8:54 AM by アン・ドルマ
新潟は、拉致、大雪、地震と、暗い話題が続いています。コメントには書かれない方々も無事だったことを祈っております。
2007/07/24 10:07 PM by ふくろう
ナマステ!
みなさん、おげんきですか?
当地は、梅雨明けと同時に酷暑の日々です。中越沖地震ではお見舞い有難うございました。私は兎も角、柏崎の皆さんは、日々苦しみの連続です。雨・雨、酷暑では、健康な人でも具合が悪くなりますね。友人・知人を案じています。
ふくろうさんは夏山は何処かにはいられますか?
私はメタボリックと戦います。体重増加が激しいのです。事故後家での療養が、カロリー・オーバーのようです。本当に困っています。
それじゃあ、また・・・。
2007/08/05 2:18 PM by アン・ドルマ
この暑さのせいで、登山する人も減っているのでしょうか。高地は気温が下がるとはいえ、そこまで行くのが大変ですからね。
2007/08/19 12:27 PM by ふくろう
アン ドルマさん、ふくろうさんご無沙汰しております、皆さんお元気ですか、最近寒くなってきて風邪をひいている方も結構居られますが皆さんは大丈夫ですか、所で今年はクンプの方は結構雨が降ったらしくフンギテンガの橋も大分崩れて来て2、3ヶ月前から補修工事に入っているそうです、今はなんとか人や少々のヤクやゾプキョクなら通れるようになったそうです、クンデ村とクムジュンの間にも土砂崩れが有ったそうです、そのときの写真早月小屋のHPに有りますので観て下さい。
2007/10/26 8:40 AM by ラリグラス
ラリグラスさん、お久しぶりです。
早月小屋にある写真を見ました。土砂崩れで村の人々も大変そうですね。トレッキングは問題なくできるのでしょうか。
時々コメントに現地情報を書いてくださると、嬉しいです。
2007/10/26 6:57 PM by ふくろう
ふくろうさんおはよう御座います、トレッキングには問題ないです、フンギテーガの橋も人取れる用になったみたいですね、フクロウさんもし誰かネパールトレキングに行きたいけどガイドに困っている方が居られたら是非言っていただければ家の弟や従兄弟などぺらぺらとは言えませんが日本語しゃべれる人がいますので言って下さればお手伝いします。
2007/11/26 10:42 AM by ラリグラス
ラリグラスさん、こんばんは。

私の知り合いにネパールへ行く人はいませんが、このブログを見た人でネパールへ行く予定の人はいるかもしれません。

ご家族がいらっしゃる家の場所かロッジの名前を書いてくだされば、それを見た方で興味のある方は訪問するのではないでしょうか。
2007/11/29 11:27 PM by ふくろう
ふくろうさん、遅くなりましたがあけましておめでとう御座います、今年もどうぞ宜しくお願いします。私の家はクンデの病院の前です、ちょうど病院の前に発電所がありましてそのとなりが家です。又皆様行かれる際はお立ち寄り下さいませ。ちなみに家はロッジはやっていません(-_-;)
2008/01/18 11:12 AM by ラリグラス
ラリグラスさん
寒中お見舞い申し上げます
寒さも厳しくなってきましたが、元気に過ごしていらっしゃいますか。
ブログの更新内容はありませんが、コメントは時々確認していますので、いつでも書き込んでください。
今年も宜しくお願いします。
2008/01/20 9:15 PM by ふくろう
ふくろうさんご無沙汰しております。お元気ですか、こちらはやっと雪が解けて桜があちらこちらに咲き出しています。この度私もブログ立ち上げましたので又遊びに来て下さい。
2008/04/11 11:29 AM by ラリグラス
2009年3月に七大陸最高峰の1つエベレストサガルマータの登頂に挑戦します。
2009/03/03 4:08 PM by チョモランマ遠征登山隊
管理者の承認待ちコメントです。
2010/03/22 6:42 PM by -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/04/10 3:12 PM by -
ブログを見ていて 驚きました。エベレストへの道のりが すごく危険で大冒険ですね。想像を超える旅のようですね。私は登山家ではありませんが 世界は広いな〜と思わされますね。色んなところがあり色んな人がいますね。また遊びにきます


http://kenichisaki2.99ing.net/
2010/04/23 10:47 PM by kenichi

コメントする